【 ⚠️お店の最新ニュースはこちらから:6/28更新👆 】

おうちでお手入れ✨洗う前に・・・

blog

我が家の皆さんをシャンプーして早くスッキリさせてあげたいと、うずうずしている母さんです😁

その前にー❗️

この暑さの影響もあってか

抜け毛が止まりません😭

しかも三人共って💦

シャンプー前に、ある程度絡まりや毛玉、抜ける予定のアンダーコートは無い状態にしておきたいもの💡

それらがある状態で洗ってしまうとその箇所にシャンプーやコンディショナーが残りやすく、せっかく洗ったのになんだか皮膚がベタついているということになりがちです。最悪になると、皮膚炎を発症させてしまうことにもなります⚠️

そうならなかったとしても、乾かしている時から尋常じゃない抜け毛😱

乾かし終わった後でもどんどん抜けて家中毛だらけ😰

と二度手間、三度手間にこの暑い時期は特になりやすいです⚠️

まあいいかぁ〜、洗っちゃえー!と洗った事もありますが、やっぱり追加の抜け毛処理とお掃除に明け暮れることになりました😅

ですので、シャンプー前には面倒がらずに〜

1⭐︎ブラッシング(まずはピンブラシ→引っ掛からなくなったらスリッカー)で絡みや毛玉を取る。

2⭐︎根本から櫛が通る状態にする。

ことで、

♡皮膚にシャンプー液と指が届いてしっかり汚れを除去でき、すすぎ残しもしなくなります。

♡この状態でコンディショナーをすると被毛の根本から毛先まで栄養も行き渡りやすくなり、仕上がりに差が出ます。

と、サロンに近い仕上がりになること間違いなしです🙌

何よりも、肝心のわんこ本人も皮膚スッキリ、乾かし時間も短縮(抜け毛の大半アンダーコートは乾きずらい)になり、負担軽減になります。

お問い合わせで多いのが胸やお尻がなかなか綺麗にならない、やりずらいというお悩みですが、

上からブラシを動かすだけでは特に毛量の多い子は、中の毛までブラシが行き届かず・・結局とかせていないことに。
床に近い部分から1/3ずつ毛をめくりブロッキングして下からとかし始め、同じ要領で段々と上に移動してやっていくと中の絡まりも見逃さずに綺麗にとかすことができます。

2/3ほど毛をめくって、その下をピンブラシでブラッシング。

ピンブラシが引っかかることなく通るようになったら、スリッカーブラシで抜け毛を取る。

スリッカーのピンに毛が沢山付いてこなくなったら、毛の根本からコームを通す。

少しでもわかりやすく黒い毛の部分で・・・

コームの通し時はピンブラシ→スリッカーが終わったこの状態です。
アンダーコートが軽くコヨリ状態で皮膚から浮き始めています。ここまで細かい束だとピンブラシでは取りきれませんのでコームの出番になります。

ごっそり、楽に、皮膚やオーバーコートを傷めることもありません。
犬も痛みをそんなに感じないので逃げられずにリラックスの態勢のままで、取ってあげることができます。
コーミングは本来、寝ちゃうくらい気持ちの良い作業です。

パーシャくん、こんなに抜けました😲

暑い時期は取れるべきアンダーコートを取らないでいると、蒸れて菌の繁殖を起こしやすく皮膚疾患にもなりやすいですから、ぜひおうちでしっかりブラッシングしてあげてください💓

ブラッシングは毛並みを整え抜け毛を取るのはもちろん、皮膚のマッサージ効果もあり代謝アップに繋がります。暑くて運動不足になりがちになると代謝も低下傾向になるので、健康のためにも侮れないブラッシングです💡

わんこ達みんな、ピカピカ綺麗で健康に🤩

お手入れでこんな時はどうしたら良いのか?また「クリスクリステンセン」についてもお気軽にお問い合わせください😊

タイトルとURLをコピーしました